お問い合わせ

取締役(制作)友田 和也

各部門役員の想い

個性が輝き融和する会社 

国境を越えた社員一人ひとりが放つ個性豊かな知恵と技術で多様なニーズにチャレンジいたします。

取締役(制作) 友田和也

海外への挑戦

バックスは、日本の建築業界において設計・施工サポートで培った3D技術を携え、データ生産拠点(A局)を海外に展開し、数年が経過しました。現在は、さらなる拠点展開を目指し、全世界360°、B局・C局・D局を計画推進しております。
日本とは異なる環境で生まれ育った社員を技術者として育成するなか、一人ひとりが放つ豊かな個性を目の当たりにしています。前例や常識に縛られない彼らのさまざまなチャレンジによって、個性はさらに輝き、国境を越えたチームとコミュニティが生まれ、融和が創造されています。そうして育まれる「新たな価値、情熱、知恵、技術」は、時代の変化に順応しながら多様なニーズに挑戦する、バックスグループの強力なエンジンであり強みとなっています。
さらに多種多様なエンジンを創り出して日本の建築業界へ還元していくことが、われわれが掲げている「業界革新」に繋がるものと信じております。 

個性を活かした生産力

国境を越え、個性を最大限に活かした制作体制を実現するためには、社員一人ひとりを確実に把握・評価・育成することが大切です。
国、言語、技術、能力そして成長スピードは、社員によって異なります。そこで、社員の実績データと制作仕様情報とをリンクさせ、リアルタイムに生産管理できるシステム「APSS(Auto Process Simulation System)」を開発。その活用によって、一人ひとりの個性を最大限に活かす体制づくりを推進しています。

ハードとソフトの融合で建築業界の技術革新を

日本が誇るハード的建築建設技術と、私たちが世界各地で磨きあげている3D技術。これらの融合こそが、「世界に誇る建築技術」から「世界に勝る建築技術」 へと業界に化学反応をもたらすものと信じて、今後もさらにチャレンジしてまいります。 

このページのトップへ