お問い合わせ

取締役(開発)泉 洋平

各部門役員の想い

あくなき探究心 

時代の変化に順応し、お客様にとってのオンリーワンサービスを提供し続けてまいります。 

取締役(開発) 泉洋平

建築というものづくり精神

バックスは長年にわたり、「建設サポート」という切り口で、さまざまな3D技術やプレゼンテーション手法を駆使し、建設情報の「見える化」を主軸とする事業を展開しています。お客様ごとに異なるニーズや建設仕様を、あらゆるシミュレーションを繰り返して実行しながら構築する日本の建設プロセスから多くを学び、数々の実績を蓄積してまいりました。
バックスは、事業主様・設計者様・施工者様と「共に」、優れた技術を持ち合わせた多くの専門関係者同士を「建設情報のIT化技術」によって、「繋ぐ」役割を果たします。日本流のものづくり精神をもっと世界へ広めたい…。日本の技術をさらなる領域へ発展させるべく、建設ITを推進します。 

難問こそチャンス

プロジェクト推進には難問がつきもの。その解決のために、個々の知恵と技術、 組織や部署の垣根を越えたチーム力が要求されます。勘や経験に基づくノウハウをデータ化し、情報集約すること。すなわち「IT化」を推進しながら、情報共有が可能な「3D/IT プラットフォーム」を構築する必要があると考えます。
「組織力」を最大限に活かすために不可欠なのが「クラウド化」と「システム化」。私たちはソフトウェアの特色を熟知し、工夫し、その力を100%引き出すことで、数々の難問に立ち向かいます。そして未来を見据えた、現場実務に根ざす建設技術サポートの開発を追求し続けます。 

国境・業種を越え、「共に」イノベーション

バックスグループを構成する、国境・業種を越えた仲間たちとの共通言語は「3D」。 「IT」は距離をなくし、異国の活気あふれるパワーや貪欲さは刺激をもたらし、「技術革新」を促進してくれます。さまざまな環境に身をおくことで、俯瞰的にものごとを捉え、常識を見直すことを体感し、新たなものを創造する力が生まれます。「ないものは創る。良いものはさらに良くする」。
私たちは常に進化を追い求め続け、これからの建設業界に貢献してまいります。 

このページのトップへ