お問い合わせ

ソリューション一覧

CIMソリューション

CIM活用をもっと身近に!
データ構築代行致します!


 

昨今急速に進んでいる建設分野におけるICT導入
その代表ともいえる「CIM(Construction Information Modeling/Management)」を
技術者の皆様に負荷を掛ける事無く強力にサポート致します。

産官学が一体となり進むCIM導入

2012年度よりCIMの本格導入に向けた動きが急ピッチで進んでいます。
技術検討や制度検討、モデル事業を通した試行業務まで様々な角度から検証が行われています。
2016年度に国土交通省より「CIM導入ガイドライン」が策定され、ますますCIM導入が加速すると言われています。

技術者として最大限CIMを活かす

全国的にCIM導入が進む中で、技術者一人一人がCIM導入の恩恵をうける事が最も大事なポイントです。
CIMはあくまで「道具」であり、それだけでは意味をなさないと様々なところで言われており、私共もそう考えています。
技術者として、「道具」を作る(モデリング)部分に割く時間を、実務の中で少しでも高効率化や課題解決、新たな気付き、価値創造など、「道具」を活かす(データマネージメント)部分に時間を割いて頂きたいという思いがあります。
  

CIMデータ構築サービス

そこで私共は、技術者の皆様がより実務(CIM運用)に専念出来るようその基となる「CIMデータ」の構築を代行致します。
地形、道路、橋梁、河川、トンネル、ダム、造成、発電所、鉄道、築堤、港湾、鉄筋モデルなど、土木分野において種類を問わず幅広く御対応致します。

CIMデータの運用も実務の中で強力サポート

さらに、そのデータを実務で運用する際に必要なソフトオペレーションのレクチャーサポートや 長年培った豊富な3D運用実績を基に、ソフト間のデータ連携等を強力にサポート致します。

使用ソフト

Autodesk Infrastructure Design Suite
 Autodesk Revit

 Autodesk Civil3D
 Autodesk InfraWorks
 Autodesk Recap

 Autodesk NavisWorks
 Autodesk 3dsMAX

Trimble Sketch Up
Forum8 UC-win/Road
Grafisoft ArchiCAD
CTC Navis+
CTC CIM LINK

Unreal Engine
Unity


その他CIM関連ソフトによる対応も可能です。

CIM営業担当まで

福 岡:092-522-9610
大 阪:06-6353-4620
名古屋:052-446-8820
東 京:03-6240-4397
仙 台:022-363-8689

一覧へ戻る

このページのトップへ