お問い合わせ

ソリューション一覧

施工計画検証 

施工フェーズで、建設に携わる方々と共通認識を持ち
スムーズかつ、高効率の施工計画を3Dモデルで実現!!

効果的な施工計画検証

バックスが考える施工計画3Dデータとは、施工準備段階で3Dモデルを作成し、問題点を早期に解決し、スムーズな施工を行える状況を構築する事、さらに、仮設計画や施工手順等を見せる化する事でプロジェクトに携わる方々全員が共通認識で現場にあたれ、高効率な施工が行えるようになります。

実施フェーズから施工フェーズへ移る際に3Dモデルを活用出来れば、高効率な施工が可能になります。施工準備期間に実施図や施工図を基に3Dモデルを作成し、施工に入った際に問題になりうる箇所の検証を行い早期に問題解決をし、手戻りを無くす事が出来ます。
さらに、仮設計画や施工ステップ、各部分の施工手順などは3Dモデルを活用する事で、施主、設計者、施工者、職人の方々が共通理解、認識でプロジェクトにあたれ、手戻りもなく、施工品質向上へと繋がります。施工フェーズでの物決めは多く、それらにも3Dモデルが活躍し、仕上げ材やカラースキームなど、多くの用途で検討出来ます。3Dモデルを上手く活用する事で、今までの施工計画をさらに効率化し、メリットを多く生み出す事が可能になります。

VACS 3D ソリューション

意匠・構造・設備3Dデータ

仮設計画・施工手順

施主・設計者・施工者 短期合意形成

高効率な施工計画3Dモデル

施工ステップ

意匠・構造・設備3Dモデル(干渉チェック)

鉄骨組 手順

早期問題箇所の検証・解決

一覧へ戻る

このページのトップへ