お問い合わせ

ソリューション一覧

解析で計画密度の向上 

あらゆる解析で使用しやすい3Dモデルを
低価格、短納期でご提供致します!!

ヴァーチャル解析で計画密度の向上

バックスが考える解析用3Dデータは、各種様々なシミュレーションにも対応出来るモデルを示します。 例えば、風解析の場合に抑えなくてはならない風の流れる箇所を重点的に作成し、風解析に適切なモデル入力密度で仕上げます。解析に必要な3Dモデルは図面通りに全てを入力する必要はなく、適切な入力密度が求められます。

解析を行う建物の図面やトンネルなど、土木関係での解析に必要な敷地の高低差のわかる資料を受領し、3Dモデルの作成を行います。
自然換気の解析を行う際には、風の通る道を確認しながらモデルを詰めていきます。ビル風や日影解析の場合は簡易モデルとし、入力密度は低くなるが、その代わりに地盤の起伏などは詳細に入れておく必要があります。中でも、ヒートアイランド解析を行うにはある程度の周辺状況も入力する必要があります。
それぞれの解析で適切な3Dモデルを作成し、ご提供致します。

VACS 3D ソリューション

今までの解析用3Dデータの経験を活かして、3Dモデルの入力密度を適正に判断し、作成致します。
そのモデルを弊社でも簡易解析を行う事は可能であり、要望にあったシミュレーションを行います。

各々の解析に適切な3Dモデル 

風などの流体解析 

温熱環境解析(温度分布など)  

ヒートアイランド解析 

自然換気解析(夏季)

温度表面貼付パース図

ヒートアイランド解析検証資料

一覧へ戻る

このページのトップへ