お問い合わせ

バックスベトナム マネージャー 西平 勉

バックスベトナム マネージャー 西平 勉 Nishihira Tsutomu

入社年:2009年10月
所属:バックスベトナム
出身地:大阪府大阪市出身
最近のお気に入り:DVD「リーガルハイ1.2」。入手後、一気に見ました。

Q. バックスに入社したきっかけは?

入社前は、飲食店でアルバイトをしていました。もともと建築や設計が好きでしたし、「やりたいことをやろう!」と思って、建築の専門学校へ進学。その専門学校でバックスの存在を知りました。 (笑)。

Q. 現在の仕事内容を教えてください。

バックスベトナム法人の立ち上げに関わり、現在はマネージャーとして、ベトナム全体の製作管理を担当。ホーチミンオフィス、ダナンオフィス、ミャンマーオフィス、総勢70人の組織です。日本から送られてくる製作指示書を元に、通訳スタッフを通じて、作業の指示や技術指導、進行管理の他に、繁忙期は製作のヘルプに入ることもあります。

Q. 仕事のやりがい、醍醐味は?

ベトナムに来て約3年。立ち上げからスタッフの技術指導をしているので、日々、彼らの成長を目の当たりにしています。当初は作業が終わってなくても帰ってしまうスタッフがいましたが、今では計画通り仕事をするスタイルが定着してきました。
今後も世界各地に製作拠点を展開していく計画なので、また別の場所でも自分の力を試してみたいですし、海外での現地受注についてもチャレンジしたいです。

Q. バックスの魅力はなんでしょうか?

一言でいうと「飽きない会社」ですね。ベトナムオフィスの立ち上げなど、本当に色んなことを経験させてもらっています。もともと海外で仕事してみたいと思っていたので、上司には「ベトナムに行きたい」とずっと言っていましたから、実際に決まった時は嬉しかったですね。

Q. 休日はどんな風に過ごしていますか?

日本のドラマDVDを見たり、漫画喫茶でのんびり過ごすのが好きですね。最近はキックボクシングジムに通いはじめました。ベトナムでは人気のスポーツです。たくさん汗をかくとストレス発散できて、スッキリします。

Q. 後輩に向けてメッセージを!

与えられた機会を前向きに受けとめて、真剣に取り組んでいれば、必ず周りの人が助けてくれます。「こんなことをやりたい」という社員の意見に対しても、「じゃあ、やってみよう!」「この人が詳しいよ」というレスポンスが早い。遠慮なくガンガン挑戦できる環境です。ぜひ一緒にバックスを大きく成長させましょう。

ある一日のスケジュール

8:30 出社 メールチェック、一日のTO DOリスト・スケジュールを確認。
9:00 ミーティング スタッフと情報共有し一日の流れを確認。
10:00 管理業務 スタッフの進捗状況や技術指導など。
11:00 資料作成 終了した各プロジェクトの実績分析を行い、今後の課題や改善点を整理。
12:00 昼休憩 社長と一緒に会社の近くにある日本料理店でランチ。和食の優しい味わいに癒されます。
13:00 TV会議 日本のオフィスと打合せ。プロジェクトの進捗状況などをチェック。
14:00 管理業務 作業が予定通り進んでいるかどうか確認し、必要に応じてヘルプに。
17:00 社内打合せ テクノロジーオフィスと製作管理システムの打合せ。
17:30 退社。

このページのトップへ